医療法人化

  1. TOPページ
  2. navigate_next
  3. 事業内容
  4. navigate_next
  5. 医療法人化

法人化シミュレーションをしながらご提案いたします

医療法人の設立には以下の通りメリットとデメリットがありますので、院長先生の将来設計を考慮しつつ、事前に十分に検討してから手続きに入りましょう。

【医療法人設立のメリット】
〇節税がしやすくなります(所得分散や退職金など)
〇経営の自由度が増します(分院開設や介護事業参入など)
〇事業承継が楽になります(親族への承継や第三者への譲渡など)

【医療法人設立のデメリット】
〇簡単には解散できません(解散時も宮城県の認可が必要)
〇利益が出ても法人のお金を自由に使えません(剰余金の配当禁止)
〇社会保険料の負担が増します(厚生年金の強制加入)

医療法人化の流れ

Incorporation Process

事前相談

お電話orメールでご予約ください。医業経営コンサルタントが院長先生の御要望や医院の現状をしっかり把握させて頂きます。

医療法人化の検討

確定申告書をご用意いただければ、まず税金面で節税メリットがどのくらいあるのか試算いたします。この結果をふまえ、院長先生の今後の展望などをお伺いした上で、法人化すべきか否か弊社の見解を申し上げます。

ご契約

医療法人化シミュレーションの結果をふまえて法人化を決断された際は、詳細なお見積りを用意させて頂き、院長先生がその手順と料金に納得された段階でご契約となります。

事前審査の申請

役員・法人名及び決算月等を決めてから、定款、財産目録、設立者経歴書等を揃え、設立認可申請書の原案が完成した段階で、宮城県へ事前審査を申請させて頂きます。

設立許可申請書の提出

宮城県の担当者と打合せを数回重ね、申請書が審査に通る状態まで仕上げてから、正式に設立許可申請書を提出させて頂きます。

医療法人の設立登記

医療法人の設立認可書が交付されてから2週間以内に、管轄の法務局にて医療法人の設立登記を申請し、登記簿謄本が入手できれば無事に設立完了となります。

診療所開設許可の申請

医療法人の設立登記が完了してから速やかに、保健所にて診療所の開設許可を申請し、開設許可書が交付されて初めて、医療法人が開設者となって診療を開始することができます。

メニュー